since 1983  世界を旅して集めた沙羅のアンティーク
 お買い上げ1万円以上は送料無料      トップページ お支払い配送   店舗・運営者の紹介  お問い合わせ  プライバシについて ご注文方法   
   How to wear Sarii                                      
 商品カテゴリー
古布
織布
絞り
刺繍
刺し子
バティク1
バティク2
古更紗
その他
布もの
古刺繍小物
中国古刺繍
刺繍袋もの
刺繍テープ
遊牧民の小物
額・タペストリー
アクセサリー
とんぼ玉
琥珀
古い素材から
ローマングラスから
シルバー
ゴールド
民族衣装
アジア
中央アジア
中東・他
古サリー
カシミールショール
発掘品・曼荼羅
発掘品
Acient small
祈り・曼荼羅
道具・籠・木・銀製品
道具など
籠・漆・木製品
銀製品
  
   

さーこれでさっそうと風にサリーを
たなびかせて歩こう!

  no1  no2  no3  no4  
  no1:ブラウス、(Tシャツでもいいです)とロングのペティコートを着用。
        上にくる部分のサリーの端を左手でもちウエストの周りにサリーを巻く。

no2 ウエスト周りに巻いたサりーをペティコートの周りにしっかり差し込む。
no3:サリーの長さにより1.5M〜2Mを前で8センチくらいのタックを取る。

no4:タックを前でペティコートにはさみ込む.。

 
 
 no5  no6  no7  no8
   no5:残った部分のサリーを左腕したを通って後ろに回す。
no6:右腕の下を通って前に持ってくる.
no7:左手で少し引き身体に沿わせる。
no8:そして左肩に掛ける。このとき堅めのサリーはタックをとってもいいです。
  インド女性はブローチで留める人もいます。